コーニング(GLW) 株式情報

ティッカー GLW  
会社名コーニング
セクター情報技術
産業電子機器、楽器&コンポーネント
所属
Corning Incorporatedは、主に工業用および科学用の高度な光学機器を含む特殊ガラス、セラミックス、および関連材料および技術を専門とするアメリカの多国籍企業です。同社は、1989年にコーニング社に社名変更されました。 Corning Consumer Products Companyの子会社(現在はCorelle Brandsとして知られています)をBordenに売却することにより、1998年にコーニングはコンシューマーライン(CorningWareおよびVisions Pyroceramベースの調理器具、Corelle Vitrelle食器、Pyrexガラスバークウェアなどを含む)を売却しました。依然として約8%の利息を有している。 2014年現在、コーニングには、ディスプレイ技術、環境技術、ライフサイエンス、光通信、および特殊材料の5つの主要ビジネスセクターがあります。コーニングは、ダウコーニングとピッツバーグコーニングの2つのジョイントベンチャーに関与しています。 Quest Diagnostics and Covanceは1996年にコーニングから分離されました。コーニングは2007年にスティーブ・ジョブスと協力してiPhoneを開発して以来、Apple Inc.の主要サプライヤーの1つです。世界最大のガラスメーカーの1つです。コーニングは、その製品とプロセスのイノベーションで4回、技術革新勲章を受賞しました。

wikipedia

配当&株式数情報

増配年数8年
配当利回り -
配当性向 -
配当成長率+13.40%
株式数減少率+6.15%

EPS

EPS -
EPS(今年)0.0%
EPS(来年)0.0%
EPS(来年)0.0%
EPS(過去5年)0.0%

パフォーマンス

株価(前日比) -(0.0%)
月間成績0.0%
半期成績0.0%
年間成績0.0%
52週 High%0.0%

バリュエーション

PER -
Fwd PER -
PEG -
P/CF -

収益性

ROA -
ROE -
ROI -
OPM -

その他指標

β -
ボラティリティ(月間) -

配当成長率

* 2008-12 時点の配当を100として算出

株式数と削減率

* 2008-12 時点の株式数を100として算出

売上と利益率

一株当たりの指標

キャッシュフロー

売上高設備投資額比率

Price Chart

P/E Chart

Dividend yield Chart

EPS Chart

Fundamental data is powered by TradingView

コーニング ニュース

Cayin N8 Brass Black・Nutube真空管搭載デジタルオーディオプレーヤーのご案内 - PR TIMES (2019.4.16)PR TIMES
【西田宗千佳連載】二つ折りスマホを悩ませる「傷」と「折り目」の問題 - GetNavi web (2019.4.13)GetNavi web
アップルがサプライヤーのクリーンエナジーへの取り組みを公開 - TechCrunch Japan (2019.4.12)TechCrunch Japan
米コーニングのバイスプレジデントに聞く、医療・製薬向け事業 - 日刊工業新聞 (2019.4.11)日刊工業新聞
折りたためるスマートフォンが欲しいなら、「折りたたみガラス」の登場まで待つのが賢明だ|WIRED.jp - WIRED.jp (2019.4.1)WIRED.jp
折りたたみiPhoneでないかなー。「ゴリラガラス」のメーカー、折りたたみスマホ用ガラスを開発中(ギズモード・ジャパン) - Yahoo!ニュース (2019.3.15)Yahoo!ニュース
「ASUS ZenFone Max (M2)」、「ASUS ZenFone Max Pro (M2)」をMVNOサービス「LinksMate(リンクスメイト)」にて、2019年3月15日より販売開始 - PR TIMES (2019.3.15)PR TIMES
「ゴリラガラス6」はどれだけ落下に耐えられるのか、「ZenFone Max Pro M2」発表会で実演デモ (2019年3月8日) - エキサイトニュース (2019.3.8)エキサイトニュース
本当に使える折りたたみスマホが登場するのは、まだ数年先の話 - GIZMODO JAPAN (2019.3.7)GIZMODO JAPAN
折りたたみスマホを買うのはやはり時期尚早か!ディスプレイに使われているのは・・・ - ハイパーガジェット通信 (2019.3.6)ハイパーガジェット通信

タイトルとURLをコピーしました